年金払い方式の生命保険の二重課税問題とは

生命保険を遺族などが受け取る際は、被保険者の死亡時に相続税が保険金に課税されます。

今まで、保険金を毎年一定額ずつ分割払いで受け取るケースでは、毎年の受け取り時に所得税も課税されていました。

最高裁は2010年7月6日、これが二重課税にあたるとの判断を示しました。

この最高裁の判断を受け、財務省や国税庁、生命保険業界が所得税分の還付に向けて調整を進めています。

これが、「年金払い方式の生命保険の二重課税問題」です。

  
  
  
このサイトをはてなブックマークに追加
  

« 最新ニュース 一覧

かっこいい英語

ブランド物 ブランド物好きのための高級ブランド大百科