障害年金、受給開始後に結婚や子どもが生まれたケースにも対象を広げると改正成立

2010年4月21日、参院本会議で障害を持った人が受け取れる年金「障害年金」の改正が全会一致で可決、成立されました。

改正した内容は、障害年金受給者に配偶者や子どもがいる場合の加算が、受給開始後に結婚したり子どもが生まれたりしたケースにも対象を広げるというもの。

今回の改正の背景には、「障害者は結婚したり、子どもを持たないという先入観に縛られた差別的な規定」といった批判が以前からあったことがありました。

障害年金の受給者は2008年末の時点で約182万人。

厚生労働省は、今回の改正で約7万人が新たな加算対象になると見込んでいます。

MSN産経ニュース:障害年金加算の改正成立 対象は7万人

  
  
  
このサイトをはてなブックマークに追加
  

« 最新ニュース 一覧

スピードラーニング トライリンガル フランス語 フランス語と英語を同時学習できるトライリンガル教材

韓国旅行 スパ