厚生労働省、2010年度の国民年金保険料の納付率が59.3%と発表

厚生労働省は7月13日に2010年度の国民年金保険料の納付率が59.3%となり、3年連続で過去最低を更新したと発表しました。

納付率が下がり続けている原因は、非正規労働者(パート、アルバイト、契約社員、派遣社員と呼ばれるような職員の雇用)の7割が保険料を納めていないことにあります。

ちなみに、2009年の国民年金保険料の納付率は59.98%で、2年連続で納付率が6割を下回りました。

この納付率は低所得を理由に保険料の納付を免除された人を除いて算出しています。

この他、国民年金の納付率を巡る問題点を以下にまとめます。

  • 国民年金全加入者(免除者も含む)の実質納付率は42.1%。
  • 55〜59歳の納付率が72.6%と最も高い。
  • 若年層ほど納付率が低くなり、一番低かったのは25〜29歳の46.6%。
  • 若い世代では年金制度への不信から保険料を払わない人もいる(どうせ年金もらえないっしょ)。
  • 2005年をピークに、納付率の低下は5年連続。
  • 厚生省年金局は所得の低い非正規労働者の加入者が増えたことにより納付率が低下したと分析。
  • 国民年金はもともと自営業者を対象にしていたが、現在は全加入者の3割弱をパートなどの勤務時間が週30時間未満の人が占めている。
  • 現行の年金制度が始まった1986年の非正規労働者は雇用者の16%にすぎなかったが、2010年には34%と2倍以上に拡大。
  • 国民年金加入者に占める自営業者の割合は22%(1999年)から15%(2008年)に縮小。
  • 国民年金加入者に占める非正規労働者の割合は16%(1999年)から26%(2008年)に拡大。
  
  
  
このサイトをはてなブックマークに追加
  

« 最新ニュース 一覧