サイト運営者情報とお問い合わせ:国民年金の受給額で損する人、得する人

サイト運営者情報

こんにちは。当サイト「国民年金の受給額で損する人、得する人」を運営しております林 健司と申します。

2007年、旧社会保険庁による年金記録のずさんな管理が明るみに出ました。

この時は、毎日のように年金に関するニュースが報道されていたものです。

私は脱サラをして以来、個人事業主としてがんばっているのですが、個人事業主になると年金や税金のことに非常に敏感になります。

というのも、サラリーマン時代は会社がやってくれたことを、自分でしなくてはならなくなるからです。

そして、旧社会保険庁による年金記録問題のニュース報道を見て以来、「知らなかったじゃ済まされない。国なら信頼できると安心しているのではなく、もっと自分から年金ついて勉強しなくては・・・」と感じ、ネットで色々と調べ勉強しました。

しかし、国から提供されているインターネット上の年金に関する情報は、なぜか非常に分かりづらいという印象を受けました。

そのせいか、必要以上に難しく感じてしまい、年金について自分から進んで勉強していこうとなかなか思えませんでした。

その時、「私のように感じている人は意外と多いのではないか・・・?」と思い、「年金に関する情報をできる限り分かりやすくまとめてネットで公開しよう!」と決意し、当サイトを作るに至りました。

といっても、年金に関するすべての情報を網羅することは私1人ではとうていムリな話です。

そこで、「年金の受給額の損得」という誰もが興味を持つであろう点にフォーカスすることにしました。

年金のことを「難しい・・・分かりづらい・・・」と思っている人でも、自分の年金受給額の損得には必ず興味を持つと思ったからです。

まずは、「年金の受給額の損得」からはじめ、その後、年金全般について興味・関心を持つ人が増えるのではないかと思ったからです。

当サイトをきっかけに、年金に対する知識や意識が少しでも高くなる人が1人でも増えたら、私はとてもうれしいです。

それが、年金の管理の正常化につながると思います。

当サイトでは、できる限り正確で最新の情報を分かりやすく提供しようと思っておりますが、そこは個人ということもあり限界があります。

そこで、当サイトで概要を掴んでから、年金に関する国の情報サイトで最新の情報をチェックするようにして頂ければと思います。

年金に関する知識は、安定した老後を送る上で非常に重要になります。日頃からニュースや新聞などで目を光らせておきたいですね。

スポンサーリンク

お問い合わせ

お問い合わせは下記フォームよりお願い致します。

また、当サイトに掲載している情報に誤りなどがありましたら、ぜひご教授ください。

お名前:[必須]

メールアドレス:[必須]

お問い合わせ内容:[必須]

※ご注意
送信後、当サイトから「お問い合わせありがとうございます」という件名のメールが届きます。
無料メールアドレス(Yahoo!メール、Hotmail)などをご利用の場合、まれに迷惑メールフォルダに入ってしまうことがございます。メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダをご確認下さい。

  
  
  
このサイトをはてなブックマークに追加