何歳から年金をもらうと得なの?年金の「繰り上げ」と「繰り下げ」

長生きするなら遅くもらう、そうじゃないなら早くもらう

スポンサーリンク

年金は65歳から受け取ることができますが、60歳からもらえる「年金の繰り上げ」と、70歳まで伸ばせる「年金の繰り下げ」ができます。

つまり、年金を受け取り始める時期を60歳から70歳まで選べるということです。

そこで、いつ受け取るのが一番得なのか、計算してみましょう。

国民年金を年額79万2000円受け取るAさんとBさんとCさんの3人。

年金をもらう年齢は60歳、65歳、70歳と別々です。

(1)60歳から早く年金をもらうことにしたAさん

79万2000円×70%=年額55万4000円。

(2)65歳から年金をもらうことにしたBさん

79万2000円×100%=年額79万2000円

(3)70歳から遅く年金をもらうことにしたCさん

79万2000円×142%=年額112万5000円

受け取る年金の総額比較
年金は何歳からもらうのが得なの?
Aさん
(60歳から)
年金の繰り上げ
Bさん
(65歳から)
 
Cさん
(70歳から)
年金の繰り下げ
60歳 55万4000円
61歳 110万8000円
62歳 166万2000円
63歳 221万6000円
64歳 277万0000円
65歳 332万4000円 79万2000円
66歳 387万8000円 158万4000円
67歳 443万2000円 237万6000円
68歳 498万6000円 316万8000円
69歳 554万0000円 396万0000円
70歳 609万4000円 475万2000円 112万5000円
71歳 664万8000円 554万4000円 225万0000円
72歳 720万2000円 633万6000円 337万5000円
73歳 775万6000円 712万8000円 450万0000円
74歳 831万0000円 792万0000円 562万5000円
75歳 886万4000円 871万2000円 675万0000円
76歳 941万8000円 950万4000円 787万5000円
77歳 997万2000円 1029万6000円 900万0000円
78歳 1052万6000円 1108万8000円 1012万5000円
79歳 1108万0000円 1188万0000円 1125万0000円
80歳 1163万4000円 1267万2000円 1237万5000円
81歳 1218万8000円 1346万4000円 1350万0000円
82歳 1274万2000円 1425万6000円 1462万5000円
83歳 1329万6000円 1504万8000円 1575万0000円
84歳 1385万0000円 1584万0000円 1687万5000円
85歳 1440万4000円 1663万2000円 1800万0000円

上の表を見る限り、76歳まで生きれば65歳でもらうのが一番得ということになりますが、81歳まで生きれば繰り下げして70歳で年金をもらった方が得ということになります。

つまり、結局は何歳まで生きるかによって損得は変わってくるということです。

長生きする自信のある人は、70歳からの「年金の繰り下げ」が結果的にお得。

現在の日本人男性の平均寿命は79歳。

ただし、平均寿命は0歳からの平均寿命なので、65歳まで生きた人はもっと長く生きる。

60歳まで生きた人の平均余命は、男性が22年、女性が28歳。

つまり、60歳まで生きた人の平均寿命は、男性82歳、女性88歳。

もし、あなたが平均寿命の82歳まで生きられたならば、81歳以上になると得な「年金の繰り下げ」が計算上は一番お得。

しかし、こればかりは、人生をどう生きたいかという個々人の考え方次第でしょう。

  
  
  
このサイトをはてなブックマークに追加